トップページ > Micro SmaSvr

Micro SmaSvr

Micro SmaSvrにより、iPhoneやiPad,Androidなどから、レシートプリンタやカスタマディスプレイ(つり銭表示機)、キャッシュドロアなど業務用周辺機器(ハードウェア)を利用する業務システムを実現できます。

Micro SmaSvrとは

テクノベインズでは、スマートデバイスなどからレシートプリンタなどの機器を利用するためのハードウェアベースとなるSmaSvrというシステム(概念)を考案しました。
SmaSvrはWeb動作環境、AP接続を行うアクセス環境、周辺機器接続環境を1つのコントローラ内に収めることで、スマートフォンなどから周辺機器をアクセスするWebプログラムをローカルで実行するものです。

 

しかし、単純にレシートやラベルプリンタの印字や数字ディスプレイへの表示だけを行いたいなど簡単なアプリケーションでは、SmaSvrでは少し大きなシステムとなってしまいます。

 

Micro SmaSvrは、iPhoneやiPad,  Androidなどスマートデバイスとレシートプリンタなど決められた業務機器(ハードウェア)の接続専用にすることで、小型で低価格な装置となっています。

 

Micro SmaSvrは大きく分けて3通りのタイプが準備されます。

1.ソケットサーバとして待機したMicro SmaSvrに、スマートフォンのアプリからソケット接続し、Micro SmaSvrに接続した周辺機器との通信を行う。

2.専用HTMLサーバとして待機し、Wi-Fi接続したスマートフォンのWebアプリのHTML標準機能のPOST送信により、Micro SmaSvrに接続したレシートプリンタから印刷を行う。

3.専用アプリケーションを内蔵したMicro SmaSvrからアプリを実行し、印刷等を行います。

 

上記3の機能であるMicro SmaSvrを利用したアプリケーションとして、スマートデバイスの内蔵ブラウザから、パソコンを使用しなくともレシートプリンタを用いてスマホから各種の券を印刷するアプリケーションがスマサバ・プリントです。

 

Micro SmaSvrの構造

SmaSvrの概念を機能を限定して小型のネットワーク対応コントローラDS1206に移植しています。DS1206は組み込み専用TiOSにより動作するコントローラで、専用のプログラム言語で、限定した機能のWebサーバーを構築しています。

 Micro SmaSvrは テクノベインズで販売中の小型コントローラDS203のCPUやメモリなど内部モジュールを強化した高機能版製品であるDS1206をベースに用いています。
DS203はデバイスサーバとしてテクノベインズで販売しており、同モジュールはテクノベインズのネットワーク製品にも組み込まれて 多くの実績があります。
Micro SmaSvrでは新型デバイスDS1206を利用し、テクノベインズ開発のプログラムを組み込んでいます。
また、DS1206と同機能をモジュールとして、組み込み各社機器の内部に組み込むことが可能です。
組込モジュールを利用することで、従来のシリアルインターフェース機器をネットワークやスマートデバイス対応にできます。[テクノベインズにて専用ソフト開発の対応可能]

Micro SmaSvr(マイクロスマサバ)とは、シリアルポートにより接続した機器をコントロールしたり、ネットワークに公開します。
Micro SmaSvrは、機能を限定したWebサーバ とROM化されたプログラムにより、パソコンやスマートフォン、タブレットPC、ノートPCなどブラウザを内蔵する機器からそのままアクセスが可能です。
モバイルルータなどアクセスポイントを接続することで、iPhoneやiPad、Android端末などとWi-Fi接続して利用できます。
Wi-Fi接続の際は、アクセスポイントのセキュリティ機能を用いて特定のユーザのみ利用を制限することができます。

Micro SmaSvrとWebアプリ

Micro SmaSvrの一般的な使用方法は、ローカルアドレス(インターネットに機器を公開しない)により運用されます。
Wi-Fiルータなど無線LANのAP(アクセスポイント)を用いることやすでに設置されているアクセスポイントを利用することで、iPhoneやiPad, AndroidなどのWi-Fi対応のスマートデバイスからアクセスが可能です。
(周辺機器を使用する際には、Wi-Fiでの接続が必要です。)
技術的には、Micro SmaSvrはスマートデバイスや、PCのブラウザなどクライアントからの着信を受けるWebサーバとして動作し、POST, GETメソッド応答を行います。

この接続構成により、ブラウザ側に特別なデバイスドライバ等は必要ありません。
プリンタデータはHttp標準規格であるフォームPOSTのデータとして受け取ります。

連番券発行のようなMicro SmaSvrの内蔵アプリを利用する場合、Web アプリはMicro SmaSvr内のFlash ROMから実行されます。

 スマートフォンのブラウザからGet/Postリクエストを受け取ると、スマサバ・プリントのプログラムはWeb画面を生成し、スマートフォンへリザルト画面返します。

 

ブラウザから印字コマンドが発行されると、スマサバ・プリントのプログラムは印字を実行し結果画面を表示します。

この場合、スマートデバイスなどクライアント側のブラウザによりMicro SmaSvr内のWebページが表示され、画面操作によりMicro SmaSvr内のプログラムにより連番が印刷されます。

 

スマサバ・プリントはPCと比べるとメモリ等リソースが限られるため、1回のデータ通信では印字データを処理しけれない場合があり、TCP/IPレベルの内部処理で対応しています。

 

インターネットサーバーのWeb画面からレシートプリンタに印刷を行う場合、Web画面 に印刷データを配置し、ローカルアドレスにあるMicro SmaSvrにPOST送信することにより印刷データと印刷コマンドを送信します。
※GETメソッドでは、URLに付加した形式でコマンドパラメータが受け渡されるため、印刷の場合はPOSTを用いています。

 

 

Micro SmaSvrとWi-Fi接続について

インターネット上のサーバーのWeb画面からローカルアドレスにあるMicro SmaSvrにWi-Fi接続を行う場合、スマートデバイスはWi-Fi対応のAP(アクセスポイント)を経由してインターネットに接続します。
スマートデバイス側で、Wi-Fi APへの接続設定を行うと、Wi-Fiの通信可能な接続エリアに入ると再接続 が可能となりますので、接続後は簡単に利用できます。
インターネットに接続する場合、Wi-Fi APを経由してWebサーバに接続することができます。
[参照:Micro SmaSvr と 業務系ローカル機器の接続]

ブラウザを経由して異なるドメインの相互間で通信を行おうとすると、ブラウザのセキュリティ機能 (クロスドメイン)によりブラウザの通信が遮断されます。
スマートデバイスをMicro SmaSvrと同じAP(DHCP)に接続することにより、スマートデバイスとMicro SmaSvrが同じローカルセグメントのIPアドレスを持つことができます。
この接続により、スマートデバイスのブラウザに表示されたWebアプリから、ローカルにあるSmaSvrを経由してプリンタへのアクセスを可能にしています。
弊社調べでは、通常ネットワーク対応機器からインターネットへの接続は1系統しか持てませんが、iPhoneでは設定により 、3G回線からとWi-Fi回線の2系統で切り替えなしでの接続が確認されています。
これが利用できる場合、3G接続をした状態であっても、Wi-Fi機器のローカル接続が可能となります。
[iPhone4S複数条件調べ:SoftBank,AU,iOS4,iOS5]

 

プリンタや各種業務機器メーカー・開発者様へ

DS1206で用いているコントローラモジュールのみを各社機器に組み込むことが可能です。

シリアル通信しか行えない従来製品であっても、Micro SmaSvrを搭載した超小型モジュールを組み込むことで、付加価値の高いスマートデバイス対応の機器にグレードアップすることができます。

組込用Micro SmaSvr につきましては、テクノベインズまでお問い合わせください。